紳士下駄―丸屋履物店

紳士下駄

どの形にいたしましょう?

下駄の形は大きく分けて3種類。
二枚の歯がついているいわゆる「下駄」のイメージの【駒下駄】
二枚歯の前歯がナナメに切り出された【のめり】
草履のような形をしている【右近】
その派生形も多く、形から履きたい下駄へアプローチしていきましょう!


駒下駄

大角

大角 白木

最もスタンダードな男物の代表格のような形です。

幅の広さが一つの特徴で、履き心地に横に倒れたりしない安定感を与えます。

初めて下駄を履いてみたい!という方から毎日下駄履き!という玄人さんからもお求め頂く、スタンダードなだけあって色々な層に愛されている形です。

また、甲高や幅広といった足の形に悩む方にもおすすめ。幅の広さから花緒の足当たりを優しくするという効果も生まれます。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・焼き・胡麻竹の5種類。
基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


大下方

下方 白木

大角と比べると幅を少し詰めてスリムにした印象。この辺りのスッキリと見せる所が江戸っ子達に好まれていたようです。

足が小さいというのを自慢としていたようで、脱いだ時にドテッと大きく見せるのではなく、スッキリと見せるために小さい物を履いたとか・・・大下方はそんな所も考慮された形で、幅を詰める事で小さく見せるようにしています。

履き心地の面では、より足へのフィット感が増す形であり「足に付いてくる」感触を味わって頂けると思います。

江戸っ子好みの形だということも有り、当店では仕上げも豊富に揃えております。
白木・夏色・黒捌き・焼き・糸春・市松・クシ目・表付など。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


真角

真角 白木

その名の通りに真四角な形の下駄です。

見るからに人を惹きつける形で「人と違ったものを履きたい!」という思いの強い通人に好まれる傾向にあります。

最も幅が狭いスタイリッシュな台ですので細身の花緒をお見立て頂き、軽くチョンと突っかけて頂ければ「粋だねぇ~」と言われる事請け合いです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹などの7種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


のめり

大千両

大千両 白木

下駄というと二枚歯のイメージですが、二枚の歯の前歯を斜めにカットした形です。

形による違いを二枚歯と比較すると、メリットとしては歩きやすさがあり、デメリットとしてはやや重いことでしょうか。

下駄は前に倒して蹴るように歩きますが、この形には、より前に倒れやすいようにというメリットがあります。二枚歯の場合でも履きこむうちに台が削れて歯がナナメになっていき歩きやすくなっていきますが、千両に関してはその状態を初めから味わうことが出来るというわけです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹・表付などの8種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


右近

大右近

大右近 白木

現代的な形といいますか、スポンジ底をつけた草履型のような下駄です。

二枚歯などの下駄と比べると背も低く、着地面積も広いため安定感に優れます。その点立ち仕事などを下駄で、という方にも好まれているようです。

仕上げは白木・黒捌き・焼き・表付・胡麻竹などの5種類。お好みに合った品物をお選びください。


一本歯

一本歯 白木

一本歯

昔は山登りの下駄として履かれていましたが、最近ではトレーニングに履く方が多いようです。
バランス感覚が養え体幹が鍛えられるのだとか・・・

価格表8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~28cm)
白木6,500円7,000円

一本歯詳細へ


丸屋の定番
花緒と共にご覧になりたい方はこちらから。定番の花緒と共にご覧いただけます。

本場会津桐のこだわり
桐の扱い・下駄の製造工程など本場・会津で勉強してきました。

本場会津桐下駄 150周年記念商品
本場・会津桐を使用した極上品の表付きです。

津軽塗下駄
当店が津軽塗職人に直接お願いをすることで実現した本場の津軽塗の逸品です。