黒捌き・大右近下駄【黒塗りの流線形下駄】―紳士下駄―丸屋履物店

紳士下駄

大右近下駄 黒捌き

黒捌き 大右近下駄

桐の台を黒く塗りあげたいわゆる「黒塗り」の下駄です。

昔はもちろん漆塗りでしたが、現在では代替塗料には最も漆に近いとされるカシューが使われている事が多いです。

「捌き」というのは木目を活かした塗り方で、天の柾目も表れるように仕上げられます。塗りの中では最もオーソドックスな塗りと言えるでしょう。

素足でも足袋でもお履き頂けますし、なにより上品で使いやすい仕上げ方です。

価格表8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~27.5cm)
9寸
(27.5~29cm)
黒捌き・大右近4,000円4,500円5,500円

価格は台のみの価格です。
適用サイズには好みもございます。(表示サイズは目安です)
当店にて花緒をすげていますので、お好みの固さがございましたら購入時にお申し付けください。

通販フォーム
サイズ:
カートを見る
浴衣に合わせる履物について
↓↓
浴衣に合わせる下駄・雪駄・草履

丸屋の定番

16'8/2
黒捌き大右近に紬内玉花緒

18'1/4
捌き大右近に犬柄福林花緒

19'2/26
捌き大右近に鹿革スモーク福林花緒

19'9/1
黒捌き大右近に蛇の目傘柄花緒

20'2/19
捌き大右近にトウモロコシ柄花緒