和装履物のTPO(男性編)―丸屋履物店

和装履物のTPO

着物にはTPOがある!とはよく話題にもなりますが、それに対して和装履物のTPOはどうなのか。
ここでは和装履物のTPOに焦点を当ててご紹介させて頂きます。
結論からいくと正装時を除けば比較的自由にお履き頂けるように思います。
その時の自分の着物、小物、気分に合わせた履物選びをして頂けたらお洒落にまとまることでしょう。

男性の履物TPO早見表

着物別TPO早見表 男物編

フォーマル時の履物 (紋付羽織袴 etc)

男物の正装時の履物といえば雪駄だと思います。
女性物では定着しているエナメル草履も男性物にもございますが、どちらかといえば雪駄が主流のように思います。
花緒も白、と決まりがあり迷うこともありません。
雪駄の作りとして少し厚みを持たせたりということはありますが、いずれにしても雪駄が主流だと思います。
もちろん畳表付きの下駄もOKです!

洒落着の履物 (羽織着用シーンetc)

洒落着に下駄を選択して頂く場合、カジュアルに見えやすい印象になりますので、
津軽塗・鎌倉彫などの加工品、カラス表付きの下駄などがより雰囲気に合うものになると思います。
柾目の通った下駄なども風格がありますね。
また、男物の場合【真角】など形から主張していく履物もございます。

津軽塗下駄

本場会津桐・婦人物合目柾下駄

女性物では礼装用としても定着しているエナメルの草履ですが、
男性物では今一つ雪駄の存在が大きく洒落用としてのポジションが落ち着いているように思います。
雪駄は烏表や籐表といった素材もあり、季節などを考慮して色々と楽しむというのも洒落者の使命ではないでしょうか。

普段着の履物 (着流し・浴衣etc)

普段着ともなれば、下駄の真骨頂といったところ。
足取りの軽い履き心地でサッと履いて動けるのは下駄の素晴らしいところだと思います。
普段履きでしたら白木・焼き・黒塗りなどの代表的な仕上げで十分です。
素足で履くなど、履き心地重視の方は白木
汚れが気になる方は黒塗りの台
メンテナンスフリーなカジュアル感は焼きの台がそれぞれおすすめです。

最近では素材の進化もあって、ゴム底の現代風草履なども存在しています。
丸屋オリジナルで提供させて頂いているコーデュラ草履やラフィア草履などといった底にもミクロと呼ばれるゴム底の新素材を使用しています。
あまり履きなれないという方にも滑りにくく履きやすいとされていて、花緒調節・踵打ち替えといったメンテナンスも可能。
普段履きにはもってこいの草履です。

和装履物のTPO(女性編)へ

おしながき


野崎平表

野崎平表雪駄

野崎平表雪駄

お普段にお気軽にお履き頂ける野崎平表の雪駄になります。
雪駄として長年愛されてきた茶畳の表です。

現在では黒く染色した烏表に人気を奪われている感もありますが、それでも格式高いのはこちら。根強い人気もあります。

染色・色付けされた烏表に比べると若干こちらの茶畳の方が表の耐久度もあり強いという特徴もあります。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸3分
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格15,000円15,000円17,000円

野崎平表雪駄詳細へ


野崎平・烏表雪駄

野崎平・烏表雪駄

お普段にお気軽にお履き頂ける野崎平表の雪駄になります。
雪駄というと普通は茶畳の物ですが、こちらは色をつけてありますので烏表【からすおもて】と言います。

以前は人と違った物を履きたい。という人に好まれて履かれていましたが、現在ではかえって茶畳よりもこちらの烏表の方が人気があるような気が致します。

その見た目もさることながら、畳に色がついている分、足跡等の汚れも気にならないという利点もあります。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸3分
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格16,000円16,000円18,000円

野崎平・烏表雪駄詳細へ


野崎平・縞表雪駄

野崎平・縞表雪駄

漂白した竹と茶竹を織り分けて縞を表した畳表です。

見た目楽しくまた涼しげにも見える事から夏物としても履かれます。

台に模様がある分、花緒の見立てが難しくなりますが、その分お洒落に決まった時の楽しみがありますね。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸3分
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格18,000円18,000円20,000円

野崎平・縞表雪駄詳細へ


南部表

南部表雪駄

南部表雪駄

お普段履きから正装にまで。雪駄といえば、やはり茶畳のイメージが一番にありますね。

その昔は漂白や染色もせず、竹皮そのものの色味を生かし、揃えて編んでいたようですが、現在では漂白・染色でその色味を出しています。

野崎平表などと比べると表の違いが歴然とし。その綺麗な編み目に「やっぱり雪駄は南部表だよね」というお客様も多いです。

サイズ7寸7分
(22~25cm)
8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格22,000円22,000円25,000円

南部表雪駄詳細へ


南部・烏表雪駄

南部・烏表雪駄

普通雪駄というと茶畳をイメージしますが、こちらは烏表【からすおもて】と呼ばれ、黒っぽく色付けされた竹皮で編まれた表の雪駄です。

表に色がついている分汚れに強いため、素足で雪駄履き、という贅沢な履き方でも大丈夫。

どちらかというと素足で履く出番の多い夏の雪駄というイメージですが、 この色合に惹かれる烏表ファンも多く、夏場だけでなく冬場も烏表という人もいらっしゃいます。

サイズ7寸7分
(22~25cm)
8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格30,000円30,000円34,000円

南部・烏表雪駄詳細へ


籐表

籐表雪駄

籐表雪駄

籐表といえば夏の雪駄の代表格。
見た目、履き心地共に涼しく周りに清涼感を与えます。
また、竹皮で編まれた畳と比べて圧倒的に強く、素足で履いても傷まないのも特徴。
手入れに関しても固く絞った布で拭いて頂けるので雪駄のそれよりも楽なのも「夏の雪駄」の特徴だと思います。

サイズ7寸7分
(22~25cm)
8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格37,000円37,000円39,000円

籐表雪駄詳細へ


本革エナメル草履

本革エナメル草履 白ベージュ

本革エナメル草履

通しを一枚入れた本革のエナメル草履です。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格18,000円20,000円

本革エナメル草履 白ベージュ 本革エナメル草履 ベージュ 本革エナメル草履 薄茶 本革エナメル草履 茶 本革エナメル草履 緑鼠 本革エナメル草履 緑 本革エナメル草履 紺 本革エナメル草履 青鼠 本革エナメル草履 鼠 本革エナメル草履 黒

本革エナメル草履詳細へ


本革エナメル草履 黒

真角本革エナメル草履

丸屋オリジナルの真角のエナメル草履になります。

サイズ8寸
(24~27cm)
価格24,000円

本革エナメル草履 白ベージュ 本革エナメル草履 ベージュ 本革エナメル草履 薄茶 本革エナメル草履 茶 本革エナメル草履 緑鼠 本革エナメル草履 緑 本革エナメル草履 紺 本革エナメル草履 青鼠 本革エナメル草履 鼠 本革エナメル草履 黒

本革エナメル草履詳細へ


コーデュラ草履

コーデュラ草履 黒

コーデュラ草履

ナイロンの7倍の強度があるというコーデュラ素材を使用した草履です。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格6,000円6,500円

コーデュラ草履 黒 コーデュラ草履 紺 コーデュラ草履 焦茶 コーデュラ草履 茶 コーデュラ草履 緑

コーデュラ草履詳細へ


ラフィア草履

ラフィア草履 黒

ラフィア草履

ヤシの葉の繊維からなるラフィアと呼ばれる素材を使用した草履です。

サイズ8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~29cm)
価格6,000円6,500円

ラフィア草履

ラフィア草履詳細へ



駒下駄

大角

大角 白木

最もスタンダードな男物の代表格のような形です。

幅の広さが一つの特徴で、履き心地に横に倒れたりしない安定感を与えます。

初めて下駄を履いてみたい!という方から毎日下駄履き!という玄人さんからもお求め頂く、スタンダードなだけあって色々な層に愛されている形です。

また、甲高や幅広といった足の形に悩む方にもおすすめ。幅の広さから花緒の足当たりを優しくするという効果も生まれます。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・焼き・胡麻竹の5種類。
基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


大下方

下方 白木

大角と比べると幅を少し詰めてスリムにした印象。この辺りのスッキリと見せる所が江戸っ子達に好まれていたようです。

足が小さいというのを自慢としていたようで、脱いだ時にドテッと大きく見せるのではなく、スッキリと見せるために小さい物を履いたとか・・・大下方はそんな所も考慮された形で、幅を詰める事で小さく見せるようにしています。

履き心地の面では、より足へのフィット感が増す形であり「足に付いてくる」感触を味わって頂けると思います。

江戸っ子好みの形だということも有り、当店では仕上げも豊富に揃えております。
白木・夏色・黒捌き・焼き・糸春・市松・クシ目・表付など。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


真角

真角 白木

その名の通りに真四角な形の下駄です。

見るからに人を惹きつける形で「人と違ったものを履きたい!」という思いの強い通人に好まれる傾向にあります。

最も幅が狭いスタイリッシュな台ですので細身の花緒をお見立て頂き、軽くチョンと突っかけて頂ければ「粋だねぇ~」と言われる事請け合いです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹などの7種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


のめり

大千両

大千両 白木

下駄というと二枚歯のイメージですが、二枚の歯の前歯を斜めにカットした形です。

形による違いを二枚歯と比較すると、メリットとしては歩きやすさがあり、デメリットとしてはやや重いことでしょうか。

下駄は前に倒して蹴るように歩きますが、この形には、より前に倒れやすいようにというメリットがあります。二枚歯の場合でも履きこむうちに台が削れて歯がナナメになっていき歩きやすくなっていきますが、千両に関してはその状態を初めから味わうことが出来るというわけです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹・表付などの8種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


右近

大右近

大右近 白木

現代的な形といいますか、スポンジ底をつけた草履型のような下駄です。

二枚歯などの下駄と比べると背も低く、着地面積も広いため安定感に優れます。その点立ち仕事などを下駄で、という方にも好まれているようです。

仕上げは白木・黒捌き・焼き・表付・胡麻竹などの5種類。お好みに合った品物をお選びください。


一本歯

一本歯 白木

一本歯

昔は山登りの下駄として履かれていましたが、最近ではトレーニングに履く方が多いようです。
バランス感覚が養え体幹が鍛えられるのだとか・・・

価格表8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~28cm)
白木6,500円7,000円

一本歯詳細へ