和装履物のTPO(男性編)―丸屋履物店

和装履物のTPO

どんな時にお履きになりますか?
また、どんな物を着るのでしょうか?
和装では場面・場所に応じて着る物、履く物が変わってきます。
何も知らなくても大丈夫、と思いきや意外とうるさい人もいるものです。
簡単に注意事項をまとめたものを下記に記します。

男性の履物TPO

■洋服に合わせる

普段着(洋服)で下駄や雪駄を履きたい!という方、結構いらっしゃいます。
そんな場合はもちろん決まりはございませんので、お好きな物をお履き下さい。
下駄ならまずは2枚歯の下駄から履いて頂きたいものです。
ジーンズに雪駄というのもなかなか合いますよ。

■浴衣に合わせる

浴衣は基本的に普段着以下の扱いですので、下駄になります。
高級な物である必要もなく、お手頃な天一、ちょっと奮発して真物・厚張ぐらいの台をお選びください。

洒落た方ですと、足元にも凝りたい!ということで、烏表の雪駄や籐表の雪駄など、
素足で履いても汚れにくいという特徴のある、夏向きの雪駄を履きます。

■街着(普段着)に合わせる

洋服からすると、和服を着るだけで少し特別な感じがありますが、あくまで街着は街着。
そこまでかしこまる必要はありません。
基本的にお好きな物をお履き頂けます。
下駄なら、まだまだ天一~真物、厚張で大丈夫です。
また、お洒落履きとして購入したけど、歯が減ってしまった下駄も普段履きとしては良いですね!

■お洒落着に合わせる

ここぞ!という時の着物を着るのですから、やはり履物にも気を配って頂きたいものです。
外出の際、履物を脱ぐような場面がある時はなおさら。
履物だけを見られても胸を張れる物を履きましょう。
下駄なら真物・厚張から柾のもの、もしくは鎌倉彫や胡麻竹などの手の込んだもの。
特別な決まりはありませんが、足元を見られて恥ずかしいようではいけません。

■紋付羽織袴(正装)に合わせる

正装時の履物は限られます。
横柾の表付きの下駄、もしくは雪駄(重ねの多い草履も可)です。
表は野崎平表よりも南部表が望ましく、茶竹が最も適しています。
花緒は、招く側の場合は白無地か黒無地(どちらかと言えば白無地)
招かれる側は黒無地花緒が良い。
白無地の花緒は革のもの、黒無地の花緒は本天のものが望ましい。

注・履物のTPOには地域差が少なからずあります。

和装履物のTPO(女性編)へ

和装履物Q&AでもTPOについての記載がございますので、合わせてご覧ください