白木・相小町下駄【白木の後丸下駄】―婦人下駄―丸屋履物店

婦人下駄

相小町下駄 白木

白木 相小町下駄

桐そのものの素材を生かす一番の仕上げ方だと思います。と同時に一番の王道です。

砥の粉を掛け、いぼた蝋と浮造りで磨いて艶を出すその仕上げ方は今でも変わりありません。

浮造りで磨く事で柾目(木目)が立ち、クッキリと現れる事がまた美しさを際立たせます。

最も自然な仕上げ方で足当たりは木そのもの。汗を吸い取ってくれる分サラッとしていて気持ちが良いです。

・・・その代わり、足跡が付くというのはご愛嬌。その分手間を掛けて綺麗に保つのもまた愛情表現ではないでしょうか。

価格表7寸7分
(22~24cm)
8寸
(24~26cm)
白木・相小町4,000円5,000円

価格は台のみの価格です。
適用サイズには好みもございます。(表示サイズは目安です)
当店にて花緒をすげていますので、お好みの固さがございましたら購入時にお申し付けください。

通販フォーム
サイズ:
カートを見る
浴衣に合わせる履物について
↓↓
浴衣に合わせる下駄・雪駄・草履

丸屋の定番

15'7/6
相小町に縞柄福林花緒

18'6/28
相小町にぼかし福林花緒

18'10/18
合目柾相小町にツボ変わり本天花緒