下駄と雪駄と草履の違い―下駄コラム―丸屋履物店

下駄と雪駄と草履の違い

雪駄一覧

下駄(げた)は、日本の伝統的な履物。 足を乗せる木製の板に、歯と呼ぶ接地用の突起部を付け(歯がないものもある)、眼と呼ぶ孔を3つ穿ち、そこに鼻緒を通す。 足の親指と人差し指の間に鼻緒を挟んで履く。
草履(ぞうり)は、日本の伝統的な履物の一つ。 明治時代以降に洋靴が普及するまで、日本で広く使用されていた。 現代日本においては主に和装時に履く。下駄よりも格式があり、改まった履物とされる。
雪駄(雪踏)(せった)は、竹皮草履の裏面に皮を貼って防水機能を与え、皮底のカカト部分にプロテクター(後金)がついた履物(草履)の一種で、痛みにくく丈夫である。 また、湿気を通しにくい。
木をくりぬき、歯を作りつけにし、台部に三つの穴をあけて鼻緒をすげた履物。歯はふつう2本で、別の材を差し込むものもある。
歯がなく、底が平らで、鼻緒をすげてある履物。わら・藺草(いぐさ)・竹皮などを編んだものや、ビニール・コルク・ゴムなどで作ったものがある。
《「せつだ」とも。「せきだ(席駄)」の音変化。もと「むしろ(席)の履物」の意で、「雪駄」は当て字》竹皮草履(ぞうり)の裏に革をはった履物。底が痛みにくく、また、湿気が通らない。千利休が工夫したと伝えられる。後には、かかとに尻鉄(しりがね)を打つことが流行した。

下駄とは

一般的な下駄   右近下駄
どちらも立派な【下駄】です!

雪駄と草履の違い

草履とは

草履サンプル1   草履サンプル2

畳表草履   畳表草履巻き

雪駄サンプル1   雪駄サンプル2

雪駄とは

下駄コラム一覧に戻る

今日の一足   はじめての和装履物   軽装雪駄 900円~

ふすべ 入荷しました

草履特集

草履の修理承ります

下駄の買い方

男物下駄 女物下駄 雪駄 草履 花緒 軽装雪駄 子供の下駄 下駄・雪駄・草履総合