糸春真角に爪唐草柄印伝花緒 2020年8月4日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

糸春真角に爪唐草柄印伝花緒

糸春真角に爪唐草柄印伝花緒

今日の一足・朝の部は糸春真角に爪唐草柄印伝花緒をすげた下駄です。

細身の様子の良い下駄、といえば男物ではこの下駄!というイメージになっています。真角。

3寸幅と男物では最も幅が狭く、脱いだ時の見た目もスッキリとコンパクト。四つ角でしっかりと主張しつつ、小さく謙遜する姿がなんとも親しみのあるところ。

赤と黒の縞をなす糸春の塗も楽しく、細身の印伝花緒でビシッと決めて頂きました。

大人の一足ですね!

今日の一足・トップへ

糸春真角に爪唐草柄印伝花緒 前壷
糸春真角に爪唐草柄印伝花緒
糸春真角に爪唐草柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。