七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒 2015年12月12日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒

七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒

今日の一足は七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒をすげた下駄です。

昨日は紋紗塗りをご紹介しましたが、今日は七々子塗り。引き続き津軽塗でご紹介させて頂きます。

唐塗りに次いでポピュラー、といいますか、津軽塗といえば、といった塗り方だと思います。しかしながら、下駄の場合はそのほとんどが唐塗りの品物が多いです。

実際に探してみても、七々子塗りの下駄というのはほとんどないと思います。

黒地に赤の配色にすることで男物として十分良いだろう、という判断だったのですが、職人さんに期待に応えて頂きこうして形になりました。

塗り立てなんじゃないかと思ってしまうぐらいピカピカの塗り。職人の技術というのはスゴイものです・・・

今日の一足・トップへ

七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒 前壷
七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒
七々子塗り大千両に小桜柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。