紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒 2015年12月11日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒

紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒

今日の一足は紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒をすげた下駄です。

昨日入荷案内をしたばかりなのですが、早速お求め頂くというのは嬉しい限り。

それも普通の津軽塗ではなく、変わり塗り。

紋紗塗りというのはもみ殻を炭粉にし、それを蒔くことで、このような艶消しの黒が得られるようです。

こちらはその艶消しの黒をベースにした唐塗り風。赤の艶はまさしく唐塗りのそれです。

台が黒・赤ですので花緒も黒・赤に。ちょうど蜻蛉好きのお客様でしたので黒・赤の蜻蛉がピタリ。

渋すぎます!

今日の一足・トップへ

紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒 前壷
紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒
紋紗塗り真角に蜻蛉柄印伝丸花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。