捌き真角に市松柄印伝花緒 2020年11月27日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

捌き真角に市松柄印伝花緒

捌き真角に市松柄印伝花緒

今日の一足・夜の部は捌き真角に市松柄印伝花緒をすげた下駄です。

白木の真角をお履きのお客様。今度は塗り物に・・・と捌きの真角をお求め頂きました。

花緒は定番の紬地なども候補に挙がっておりましたが、新作のソフト印伝をお見立て頂きました。従来の細花緒と比較してグンと足当たりが良くなった花緒です。

太すぎない通常幅ですので、おなじみの真角にもピッタリだと思います。

塗下駄に市松模様が映えるお見立てで、チョンと突っ掛けて頂きまして様子の良いスタイルだと思います。

今日の一足・トップへ

捌き真角に市松柄印伝花緒 前壷
捌き真角に市松柄印伝花緒
捌き真角に市松柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。