捌き芳町に阿波しじら織花緒 2020年6月22日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

捌き芳町に阿波しじら織花緒

捌き芳町に阿波しじら織花緒

今日の一足・昼の部は捌き芳町に阿波しじら織花緒をすげた下駄です。

浴衣&雨の日にも、と狙いをつけて頂いた一足。

白木の下駄は桐そのものの仕上の分だけ吸収性があり、雨を含んでもダメになる、ということではないのですが、どちらかといえば塗を施して耐水性を持たせた方がメンテナンス性も上がるというもの。

浴衣の際に素足に塗下駄というのもお決まりのパターンでもあり、この辺り上手く使い分ければ・・・とご提案させて頂いているスタイルです。

涼し気にしじら織の花緒をお見立て頂きまして。阿波の藍が黒塗りに映えました。

今日の一足・トップへ

捌き芳町に阿波しじら織花緒 前壷
捌き芳町に阿波しじら織花緒
捌き芳町に阿波しじら織花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。