大右近にタピール花緒 2020年5月4日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

大右近にタピール花緒

大右近にタピール花緒

今日の一足は大右近にタピール花緒をすげた下駄です。

オーソドックスな白木の下駄。素足で履いて実は最も気持ちが良いのではないかと個人的には思っています。

桐そのものの仕上で汗も吸い込んでくれる分だけ素足で履いても常にサラッとした足当たりになります。足跡を気にする方もいらっしゃいますが、夏場素足で履く白木の下駄は贅沢に是非試して頂きたいところ。

あまり経験は無い、ということでしたが、革花緒の質感を気に入って頂きまして、茶の無地に。

王道な無地の組み合わせですが、素材変われば雰囲気変わりますね。気持ち良く履いて頂ければ幸いです。

今日の一足・トップへ

大右近にタピール花緒 前壷
大右近にタピール花緒
大右近にタピール花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。