越前塗真角にヘビ革福林花緒 2019年12月29日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

越前塗真角にヘビ革福林花緒

越前塗真角にヘビ革福林花緒

今日の一足は越前塗真角にヘビ革福林花緒をすげた下駄です。

越前塗シリーズ!?最終章です。塗下駄にする~とは言われてはいましたが、ちょうど柾の下駄がありましたのでそれを贅沢に・・・

お客様もその価値を理解して頂いてますから柾目を消すな!という難しい注文を出したそうで。またそれを受けて仕事をする塗師屋さんも大したものですね。

捌きというのは木目を出した塗ですが、まさにそれの完全上位の仕上げといった風格。

柾目の存在をだしつつ塗りの質感も楽しめて。花緒の見立てが難しいところでしたが、紫に染めたヘビ革花緒が存在感を出しました。

今日の一足・トップへ

越前塗真角にヘビ革福林花緒 前壷
越前塗真角にヘビ革福林花緒
越前塗真角にヘビ革福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。