幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒 2019年8月1日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒

幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒

今日の一足は幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒をすげた雪駄です。

幅狭の、後一で仕立てられたこだわりの雪駄です。

通常よりも2分(約6mm)幅を詰めた畳表は脱いだ時の見た目をスッキリとさせます。また、足へのフィット感も増すため突っ掛けてお履きになる方にとってはそのフィット感がプラスに働くように思います。

後一という踵が低いスタイルも突っ掛けた時の、足への収まりが良いように個人的には思います。邪魔にならないといいますか、ほど良い感触が踵にあるように仕立てられています。

いわばチョンと突っ掛けて頂くための雪駄と言えるかもしれません。花緒をキツくして履く、というとキツい痛さばかりが目立つように思いますが、その先には抜群の足へのフィット感があるように思います。

※本日よりまた一回更新に戻ります・・・少しサボります(笑)

今日の一足・トップへ

幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒 前壷
幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒
幅狭南部烏表雪駄に瓢箪柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。