糸春舟形に矢絣柄福林花緒 2019年7月7日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

糸春舟形に矢絣柄福林花緒

糸春舟形に矢絣柄福林花緒

今日の一足は糸春舟形に矢絣柄福林花緒をすげた下駄です。

お洒落は足元から・・・という言葉もありますが、自然と足元へ目がいく下駄だと思います。

塗下駄というと今ではほとんどが黒塗りですが、そんな中糸春雨は落ち着いた赤でひときわ存在感があります。

鎌倉彫や津軽塗などもそうですが、塗りを見せる花緒の見立てというのがあり、 無地や縞をお見立て頂く場合が多いですが、そこから少し発展をして溶け込むような矢絣に。

作品のように仕上げて頂きました。

今日の一足・トップへ

糸春舟形に矢絣柄福林花緒 前壷
糸春舟形に矢絣柄福林花緒
糸春舟形に矢絣柄福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。