焼き砥の粉芳町に本麻花緒 2019年6月1日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き砥の粉芳町に本麻花緒

焼き砥の粉芳町に本麻花緒

今日の一足は焼き砥の粉芳町に本麻花緒をすげた下駄です。

焼きは焼きでも・・・と会津の職人さんにご用意して頂いている下駄です。

焼きというと文字通り焼き上げ煤を落とし、そのまま磨くかワックス掛けか、という仕上げ方ですが、こちらはそこからまた砥の粉を掛けてという焼き+白木磨きの合わせ技のような仕上げになっています。

焼いて木目が立ったところに砥の粉が入り雰囲気も柔らかくなりますね。

もちろん会津桐の品物ですのでその感触も確かなものがあります。

麻の花緒をお見立て頂きこれからの時期に。

今日の一足・トップへ

焼き砥の粉芳町に本麻花緒 前壷
焼き砥の粉芳町に本麻花緒
焼き砥の粉芳町に本麻花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。