本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒 2019年6月1日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒

本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足は本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒をすげた草履です。

夏草履といえば、というところのピラミッドの頂点にあるような素材・草履だと思います。

編目細かい本パナマの草履。雪駄などの南部表もそうですが、既に現在ではこれほど目の詰んだ品物は製造できなくなっています。

欲しい!と言われてもその時に無い・・・ということは十分にあり得る素材で出会いと言っても良いレベルだと思います。

夏は少し細身の花緒にとも言いますが、細い花緒の方がすっきりと涼し気にも見えるように思います。印伝の細花緒をお見立て頂き通好みに仕上げて頂きました。

今日の一足・トップへ

本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒
本パナマ草履に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。