黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒 2019年5月4日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒

黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒

今日の一足は黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒をすげた下駄です。

真角の下駄が続きます。真角の下駄が履かれるのはお祭りなどの仲間の集まりがあって~などというシーンが多いように思います。人と違ったモノを履きたい~というのがこの形が生まれたルーツでもあると思いますので、その辺り、こだわりをもった方が洒落に履いて頂ければ。

そんな背景を考えるとやはりこういった細身の印伝花緒は似合うように思います。

黒塗りの真角に紫の印伝がよく映えて。

チョンと突っ掛けて頂くのがサマになる下駄だと思います。

今日の一足・トップへ

黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒 前壷
黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒
黒捌き真角に爪唐草柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。