消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒 2019年1月6日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒

消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒

今日の一足は消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒をすげた下駄です。

鎌倉彫の下駄を、こちらを見て鎌倉彫と分かる方もまた通だと思います。

鎌倉彫というと全体に入れる刀痕のイメージが強いですが、こちらは研ぎ出しのまま柄のみに彫りを入れたもの。通称消し鎌と呼ばれます。

研ぎ出しの、この艶消しの黒もまた渋いところ。見立てていただいた黒地の印伝の江戸褄と相まってとても良い雰囲気だと思います。

赤漆の鱗柄もピッタリで、色気のあるお見立てでした。

今日の一足・トップへ

消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒 前壷
消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒
消し鎌芳町に鱗柄印伝江戸褄花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。