夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒 2018年8月15日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒

夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足朝の部は夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒をすげた下駄です。

昨夜夏色真っ盛り~と書かせて頂きましたが、続けて夏色の大下方。

白木同様に砥の粉を掛け、いぼた蝋と浮造り・瀬戸玉といった道具で磨いていきます。夏色の場合は砥の粉に若干の墨を混ぜることで色味を調節していきます。

墨が加わることで、全体的に何年か履いたかのような落ち着いた風合になり、渋味のある下駄に仕上がる、というわけです。

紫地の蜻蛉柄印伝花緒をお見立て頂き、通な組み合わせになっています。

今日の一足・トップへ

夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒
夏色大下方に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。