焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒 2018年8月31日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒

焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒

今日の一足昼の部は焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒をすげた下駄です。

思えばまだWEB上には載っていないのですが、ご来店頂いたお客様に目に留めて頂いている品物です。

会津桐を使用した焼き台で、焼き加工後に砥の粉をかけることで木目を引き立てるもの。

こちらはよく見ると合目【あいめ】になっています。合目というのは背中合わせにした木取からなるもの。左右対称に目が入ることで履き癖もコントロールしやすく、なにより同一部分から切り取られているので左右差がないので履きやすいんです。

花緒は夏感の出る小千谷縮の花緒をお見立て頂きました。焼きの台と相まって今ピッタリの下駄になりました。

今日の一足・トップへ

焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒 前壷
焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒
焼き砥の粉芳町に小千谷縮福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。