大千両に本天二石花緒 2018年7月3日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒

合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒

今日の一足夜の分は合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒をすげた下駄です。

下駄もピンからキリまで・・・見た目同じように見えるのになんでこんなに価格が違うの?と言われることもあります。簡単に言えば端材を組み合わせて作った下駄は安く普段履きに、良い材料を贅沢に無垢の木取りで作ったものは高価になるわけです。

こちらは通称合目(あいめ)の柾(まさ)と呼ばれるもの。上から下まで直線的に木目が走ることを柾と言いますが、合目というのはそれが左右対称に入ったもの。組んだ時に同じ木・同じ部分から作られた事がわかります。

この白木・柾目の美しさこそが下駄の真骨頂ではないかと思うところ。

お相手の花緒はふすべ印伝の細花緒で不足なく。

今日の一足・トップへ

合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒 前壷
合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒
合目柾真角に交差縞ふすべ印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。