幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒 2018年7月3日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒

幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒

今日の一足昼の部は幅狭南部表雪駄に爪唐草柄印伝花緒をすげた雪駄です。

通常3寸2分(約6.8cm)の横幅がありますが、幅狭というのはその名の通り幅を2分狭くしたもの。寸法でいうと約6mmと大差はないように思うのですが、その6mmが雪駄のフォルムをスッキリとさせます。

江戸っ子は足の小さいのが自慢とばかりに、脱いだ時の見た目を小さく見せる事に気をつかったとか。

こちらがまさにそんな雪駄で、踵も後一という少し背の低い作りはチョンと突っかけて頂くのに最適なスタイル。

細身の印伝花緒&ベタガネ付はそれを飾るにピッタリなオプションパーツだと思います。

今日の一足・トップへ

幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒 前壷
幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒
幅狭南部表雪駄に爪唐草印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。