市松真角に武田菱柄印伝花緒 2018年4月3日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

市松真角に武田菱柄印伝花緒

市松真角に武田菱柄印伝花緒

今日の一足は市松真角に武田菱柄印伝花緒をすげた下駄です。

黒塗りに黒い花緒・・・というところですが、黒は黒でも黒で柄を出しながら、というのが洒落た所。

台は叩きと艶の塗り分けにより市松模様を演出。

花緒は黒地の鹿革に黒漆で柄を載せた武田菱柄印伝。黒裏・黒ツボで黒尽しに。

引いてみれば真っ黒かもしれませんが、よくよく見ると台にも花緒にも模様が!というのは面白い趣向だと思います!

※自分の居ない間に撮影していたようで気が付かず紹介遅くなり申し訳ございませんでした。

今日の一足・トップへ

市松真角に武田菱柄印伝花緒 前壷
市松真角に武田菱柄印伝花緒
市松真角に武田菱柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。