大下方に蜻蛉柄印伝江戸褄花緒 2013年12月08日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

大下方に蜻蛉柄印伝江戸褄花緒

大下方に蜻蛉柄印伝江戸褄花緒

今日の一足は大下方に蜻蛉柄印伝江戸褄花緒をすげた下駄です。

昨日紹介した大角という形が男物の標準というか基準というか、最も基本的な形で、こちらは下方と呼ばれる幅が狭い下駄です。

大角に比べて幅が狭いので足の幅とピッタリ合いやすく、履きやすい一面もあります。

花緒は蜻蛉柄の印伝の江戸褄花緒。ねずみの革と茶色地に白の印伝の切り替えがお洒落に仕上がっています。

印伝の柄で人気なのはこちらの蜻蛉か小桜でしょうか。袋物や財布等ではわかりませんが、花緒では圧倒的にこの2柄が人気あるように思います。

それにしても、白木の台にすがって様子の良い下駄になりました。

今日の一足・トップへ



大下方
詳細