文庫革花緒―花緒―丸屋履物店

文庫革花緒

文庫革花緒

かの有名な文庫屋「大関」様にご無理を申し上げまして、なんとか花緒に!!という要望を受け入れて頂きました。
文庫革のその手触り・質感・細かな彩色、何といってもその可愛らしさは下駄や草履にすがる花緒としてピッタリではないか・・・と感じていました。
実際にそれを製品化する事が出来・手にして・合わせてみて、やはり間違いなかったと感じています。
デザインのみならず、花緒職人さんの方も柔らかく仕立てて頂いており、その履き心地にもきっと満足して頂ける花緒だと思っています。


文庫革とは

真っ白な牛革に模様を型押しし、その型押し模様を手作業にて着色。
漆と組み合わせて真菰を擦り込んでいくことで独特の風合を生み出した革細工。
真菰を使用した「錆入れ」を施しているのは前述の【文庫屋「大関」】様のみだとか・・・
まっさらな牛革と型押し模様、手書きの色合いと真菰による古び。
プリントなどでは表現する事ができない、高品質な職人仕事を感じる革細工です。


いちご柄

花緒としての仕上がりは抜群で何を相手にすげればいいのか?と悩んでしまいます。
まずは・・・とばかりに表付きの下駄を選んでみました。
畳表の自然を背景に「いちご」が映える格好になり、形はもちろん問わず、一つの間違いないスタイルだと思います。

※生地の取り方により多少柄の出方が異なります


飴柄

文庫革の花緒を作る!と考えた時に何すげるか?で真っ先にイメージした草履です。
表面に型押し模様を入れたリング仕立ての草履で、そのかわいらしさが文庫革にもよく合うように思います。
リング仕立て&福林仕立ても相性良く見えます。
色×柄のパターンは色々・・・もちろんご希望通りに組み合わせられます!

※生地の取り方により多少柄の出方が異なります


鞠芽柄

文庫革5柄の中では最も落ち着いた印象の柄です。
合わせた台もより使いやすく万能に。
錆びに合わせるように茶の台で相性が非常に良いと思います。


花菱柄

草履ばかりでは・・・と、塗下駄にも合わせてみました。
規則正しく並ぶ花菱と赤黒の糸春模様。
塗下駄にも優しく映るように思います。


リボン柄

白の草履に文庫革花緒、という組み合わせは今後の定番になるような気がします。
白の綺麗な文庫革ですから、もちろん白台の草履にはよく合います。
万能草履でもカジュアル草履でも、履きなれたスタイルでお楽しみいただけます。

※生地の取り方により多少柄の出方が異なります


おしながき

紳士下駄

紳士物の下駄というと、大きくて幅のある2枚歯の下駄が最もポピュラーかもしれません。その他にも様々な色や形の下駄を取り揃えております。

⇒⇒紳士下駄一覧ページへ

婦人下駄

紳士物と比べると、柄が入っていたり塗りの下駄も多く、下駄そのものからも”女性らしさ”が伺えます。 浴衣に、着物に、普段着に是非履いてみてください。

⇒⇒婦人下駄一覧ページへ

草履

着物といえば草履。草履といえば着物。 和装とは切っても切れない履物です。合皮・本革・帆布・畳表など。用途に合わせてお選びください。

⇒⇒草履一覧ページへ

雪駄

その美しさに惚れる男子は多いはず。見て良し、履いて良し、武器に良し? リーズナブルな物から高級な物まで。雪駄チャラチャラしてみませんか?

⇒⇒雪駄一覧ページへ

花緒

台は決まっても花緒で迷う方が多いのは、それだけ重要な要素だからです。数ある花緒の中で迷うのは当然!お気に入りの花緒を見つけてください。

⇒⇒花緒一覧ページへ

子供の下駄

子供の下駄にも二枚歯や千両、右近などの種類がございます。サイズも13~21cmまで取り揃えております。カラコロ鳴らせて歩かせてあげてください。

⇒⇒子供下駄一覧ページへ

実用草履&軽装雪駄

いつでも気軽に履けるビニール雪駄やタイヤ裏の仕事履き・楽屋履き、お祭り雪駄など。花緒付きの定番商品をご紹介しています。

⇒⇒実用&軽装雪駄一覧ページへ

軽装草履

盆踊りやお祭りのお揃いなどで履かれる赤花緒の定番草履やウレタン底の仕事履きなど。
女性物の軽装履きを揃えました。

⇒⇒軽装草履一覧ページへ

花緒のすげ替え

下駄・雪駄・草履の花緒のすげ替え承ります。年代物の履物でも花緒を替えるだけで生き返りますよ!他店の品物でもお気軽にお持ちください。

⇒⇒すげ替え詳細ページへ

草履の修理

不意の雨に濡れてしまったり、下駄箱の奥に眠っていた草履の裏革の剥がれの修理など。再糊付け~張り替えまで対応させて頂きます。

⇒⇒修理詳細ページへ