粋な人の履物―下駄コラム―丸屋履物店

粋な人の履物

「粋」という言葉そのものが現代人にとってはあまり馴染みのない言葉ではありますが、どこか「粋」という言葉を使ってもみたいし、そうなりたいと思うものだと思います。
下駄・雪駄・草履などの和装履物にとって「粋」という言葉の存在はどんなものになるのか、考えてみようと思います。

よく言われるのは「踵を出して履いた方が良い」「一回り小さいぐらいのサイズが 良い」「細身の台に細身の花緒!」など。
この色!この柄!といったデザイン的な指摘は少なく、主にサイズ感の表現が多く現代にまで伝わっています。
改めて「粋」と「履物」について考察していくと、やはりこの「サイズ感」が「粋」というものに繋がっていくと思うようになりました。

履き心地面からのアプロ―チ ~台幅とフィット感~

「細身の台」や「一回り小さいサイズ感」といった履物を履くその履き心地はどうなのか。
これは下駄屋から言わせれば決して悪いものではなく、花緒のすがる位置などもコンパクトになるため、花緒の調節だけでは不可能な「フィット感」を生みます。
一般的に適切な台幅が「小指が落ちるぐらい」でちょうど良いとされるのも、花緒の位置・台幅からくる適切な足のポジションです。
履きなれない方にとってはその「フィット感」もキツく感じてしまうことがありますが、
慣れた方にとってはその「フィット感」があった方がむしろ履きやすくなるように思います。
その方が履きやすいという姿を突き詰めた形が上記の言葉に繋がるのかもしれません。

身分や格を表す??

昔は若者ほど幅が狭い下駄、年配ほど幅広になっていったという話があります。
実用的な面・履き心地といった観点から見ると、足元が悪い人には幅広の台で安定感を増し、
仕事やお使いなどに動き回るポジション・足の強い人にはよりフィット感のある歩きやすい幅狭を・・・
となり、これはこれで利に適っています。
が、もう一つ大事な要素が「身分」や「格」といったものなのではないかと思います。

大昔まで遡ればそもそも「身分の高い人」だけが履けるもの、といった背景があります。
台幅や大きさが身分を表す・・・といったわけではありませんが、そう考えると見えてくるものがあります。

日本では履物を玄関に揃えて上がるということになりますので、「玄関に脱いだ時の見た目」というのも重要視されてきました。
その場の履物が揃った時に「一足だけやけに大きい」などサイズ感の違いが生じた場合、どうしても悪目立ちしてしまうように思います。

もちろん、身分相応の方がそれを表すために大きく構える、というのはあると思います。

ただ、このコラム内では「粋」ということで「細身の台の方が~」と触れているのはどういうことなのか・・・
それはあえて目立たせないことで周りに溶け込もうとする【履く人の謙遜】からくるものではないか、と感じます。
そこには周りへの見えない気遣いが確かにあります。
「粋」とは本来「人」の様を表す言葉ですから「粋な履物」というのはなく「粋な方の履く履物」ということになります。
その方の履く履物の佇まいから、その人の思いやり・心意気を感じる事が出来るというのを【良し】とされてきたのではないでしょうか。

下駄コラム一覧に戻る

おしながき


駒下駄

芳町

芳町 白木

女性物の基本形となる下駄です。二枚歯のシンプルなデザインは初心者から通人にまで幅広く愛される形です。

基本形というだけあってクセがなく「下駄の履き方・歩き方」が身に着く下駄だと思います。

仕上げも幅広く、白木・夏色・黒捌き・焼き・糸春・市松・クシ目・表付など。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


相三味

相三味 白木

三味線の胴に似せた形をしたスタイリッシュな下駄です。

女性版の真角のような位置づけでしょうか。真角よりもRが付く分だけ女性らしさが感じられます。

昔は芸者さんなどに好まれて履かれていたようで、確かに細身の花緒をキツめにすげてチョンと突っかけて履く・・・といった事が似合う形ですね

角張っているから履き辛い!ということはないので、お好みでどなたでもお楽しみ頂けると思います。


のめり

相千両

相千両 白木

下駄というと二枚歯のイメージですが、二枚の歯の前歯を斜めにカットした形です。

形による違いを二枚歯と比較すると、メリットとしては歩きやすさがあり、デメリットとしてはやや重いことでしょうか。

下駄は前に倒して蹴るように歩きますが、この形には、より前に倒れやすいようにというメリットがあります。二枚歯の場合でも履きこむうちに台が削れて歯がナナメになっていき歩きやすくなっていきますが、千両に関してはその状態を初めから味わうことが出来るというわけです。

仕上げも幅広く、白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・表付など。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


相小町

相小町 白木

丸みを全体に出した女性らしさがうかがえる下駄です。

千両の後ろ歯を台にそって丸く仕上げられ、後丸【あとまる】とも呼ばれる形です。

その昔は若い女性に好まれ、【小町】という呼び名はそこから生まれているようです。

全体的な木の量は多くなるため、重い印象ですが、その分耐久性に優れる形です。


右近

相右近

相右近 白木

現代的な形といいますか、スポンジ底をつけた草履型のような下駄です。

二枚歯などの下駄と比べると背も低く、着地面積も広いため安定感に優れます。その点立ち仕事などを下駄で、という方にも好まれているようです。

仕上げは白木・黒捌き・焼き・表付・胡麻竹など。お好みに合った品物をお選びください。


舟形

舟形

舟形 白木

草履をそのまま下駄にしたようなフォルムの下駄です。

右近よりも少し背が高くなるため、気軽にお洒落履きとして履きやすいスタイルになっています。

仕上げは白木・黒捌き・糸春雨・叩き・表付など。お好みに合った品物をお選びください。


三味舟形

三味舟形

三味舟形 白木

草履をそのまま下駄にしたようなフォルムの舟形を三味形で仕立てました。

通常の舟形よりもスタイリッシュに。お洒落履きとして適した下駄です。

仕上げは白木・黒捌き・糸春雨の3種。お好みに合った品物をお選びください。


駒下駄

大角

大角 白木

最もスタンダードな男物の代表格のような形です。

幅の広さが一つの特徴で、履き心地に横に倒れたりしない安定感を与えます。

初めて下駄を履いてみたい!という方から毎日下駄履き!という玄人さんからもお求め頂く、スタンダードなだけあって色々な層に愛されている形です。

また、甲高や幅広といった足の形に悩む方にもおすすめ。幅の広さから花緒の足当たりを優しくするという効果も生まれます。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・焼き・胡麻竹の5種類。
基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


大下方

下方 白木

大角と比べると幅を少し詰めてスリムにした印象。この辺りのスッキリと見せる所が江戸っ子達に好まれていたようです。

足が小さいというのを自慢としていたようで、脱いだ時にドテッと大きく見せるのではなく、スッキリと見せるために小さい物を履いたとか・・・大下方はそんな所も考慮された形で、幅を詰める事で小さく見せるようにしています。

履き心地の面では、より足へのフィット感が増す形であり「足に付いてくる」感触を味わって頂けると思います。

江戸っ子好みの形だということも有り、当店では仕上げも豊富に揃えております。
白木・夏色・黒捌き・焼き・糸春・市松・クシ目・表付など。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐などの柾目の品物もございます。


真角

真角 白木

その名の通りに真四角な形の下駄です。

見るからに人を惹きつける形で「人と違ったものを履きたい!」という思いの強い通人に好まれる傾向にあります。

最も幅が狭いスタイリッシュな台ですので細身の花緒をお見立て頂き、軽くチョンと突っかけて頂ければ「粋だねぇ~」と言われる事請け合いです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹などの7種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


のめり

大千両

大千両 白木

下駄というと二枚歯のイメージですが、二枚の歯の前歯を斜めにカットした形です。

形による違いを二枚歯と比較すると、メリットとしては歩きやすさがあり、デメリットとしてはやや重いことでしょうか。

下駄は前に倒して蹴るように歩きますが、この形には、より前に倒れやすいようにというメリットがあります。二枚歯の場合でも履きこむうちに台が削れて歯がナナメになっていき歩きやすくなっていきますが、千両に関してはその状態を初めから味わうことが出来るというわけです。

仕上げは白木・夏色・黒捌き・糸春・市松・クシ目・胡麻竹・表付などの8種類。基本的には天一でのご用意になりますが、会津桐の柾目の品物もございます。


右近

大右近

大右近 白木

現代的な形といいますか、スポンジ底をつけた草履型のような下駄です。

二枚歯などの下駄と比べると背も低く、着地面積も広いため安定感に優れます。その点立ち仕事などを下駄で、という方にも好まれているようです。

仕上げは白木・黒捌き・焼き・表付・胡麻竹などの5種類。お好みに合った品物をお選びください。


一本歯

一本歯 白木

一本歯

昔は山登りの下駄として履かれていましたが、最近ではトレーニングに履く方が多いようです。
バランス感覚が養え体幹が鍛えられるのだとか・・・

価格表8寸
(24~27cm)
8寸5分
(26~28cm)
白木6,500円7,000円

一本歯詳細へ