直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒 2020年10月13日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒

直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒

今日の一足は直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒をすげた雪駄です。

直付けの雪駄をツボ下げて、ベタガネつけて~。と今ではほぼ無いスタイルだと思います。

通常踵に二枚の草芯を入れてあるのですが、それも邪魔・・・と一枚にしたもの、さらに抜いて・・・と直付けのものも密かにございます。こちらはまさにそんな邪魔者を排除したスタイルです。

余計なものが入らない分だけ軽いというのはあると思います。踵に何もない分突っ掛けても踵に当たるものもないですね。

こだわりの江戸褄花緒をすげて、様子の良い雪駄に仕上げて頂きました。

今日の一足・トップへ

直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒 前壷
直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒
直付け南部烏表雪駄に小桜柄印伝江戸褄花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。