焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒 2020年9月24日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒

焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒

今日の一足は焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒をすげた下駄です。

焼き+白木同様の砥の粉掛け+磨きというのが魅力的な下駄です。

会津桐を使用したバラ柾を使用している、ということもあり、木質・見た目の良さともに保証付きといった印象。

中から特に目の詰まった品物を見立てて頂きました。

細身の印伝花緒をすげて、軽く突っ掛けて頂くのが様になる下駄です。

同系色の配色もピタリで、様子が良いですね。

今日の一足・トップへ

焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒 前壷
焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒
焼き砥の粉芳町に小桜柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。