南部表雪駄に小桜柄印伝花緒 2020年8月24日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

南部表雪駄に小桜柄印伝花緒

南部表雪駄に小桜柄印伝花緒

今日の一足は南部表雪駄に小桜柄印伝花緒をすげた雪駄です。

よく調べて頂きまして。7寸7分の幅狭・後一の雪駄を。

7寸7分を大形【おおがた】というのですが、大形=男物という意味合いになりまして、当然男物の標準的なサイズを指しています。しかし、7寸7分といったら今では女性物のいわゆるMサイズと同じ寸法。それぐらいサイズ感も昔と比べたら変化がある、ということです。

大形の幅狭を後一に仕立てて細身の花緒を突っ掛ける。踵にはベタガネをつけてチャラチャラと。

一つの伝統的なスタイルです。

今日の一足・トップへ

南部表雪駄に小桜柄印伝花緒 前壷
南部表雪駄に小桜柄印伝花緒
南部表雪駄に小桜柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。