パナマ草履に真田紐福林花緒 2020年7月21日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

パナマ草履に真田紐福林花緒

パナマ草履に真田紐福林花緒

今日の一足・朝の部はパナマ草履に真田紐福林花緒をすげた草履です。

夏物の王道、パナマ草履再び・・・

パナマというと我々にとっては草履がイメージしやすいですが、一般的には帽子のイメージもあると思います。実は我々が草履に仕立てているのも、帽子に編まれたものから・・・

というのも、職人さんがやっぱり手慣れた帽子の形に編むのが良い!ということからなんだとか・・・そういうことで、当然帽子の頭の部分(?)と側面?つば?といった構成からなるわけで、どこをとるかで草履の表情も実は変わります。

こちらはまさにその編目が複数入り組んだ部分から仕立てられた草履です。

貴重な部分を贅沢に、というのはどんな履物にも言えることですが、なかなか見かける事が少ないですね・・・

今日の一足・トップへ

パナマ草履に真田紐福林花緒 前壷
パナマ草履に真田紐福林花緒
パナマ草履に真田紐福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。