幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒 2020年6月24日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒

幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒

今日の一足・朝の部は幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒をすげた雪駄です。

普段に履いてる雪駄がくたびれてきたから~~という雪駄でしたが、まさか花緒にふすべ、という名が出てくるとは思いませんでした。

それも贅沢に丸花緒。ふすべの感触をそのままに味わうことが出来る唯一の仕立て方であると思います。

もちろん鹿革ですので、その足当たりは柔らかく、馴染みまで含めてそれは履き心地が良いのではないかと思います。(※自分。さすがに履いた事ないです・・・)

幅狭に仕立てた雪駄で、様子の良い所です。

今日の一足・トップへ

幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒 前壷
幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒
幅狭南部表雪駄に小桜柄ふすべ印伝丸花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。