合目柾大下方に会津木綿花緒 2019年8月24日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

合目柾大下方に会津木綿花緒

合目柾大下方に会津木綿花緒

今日の一足は合目柾大下方に会津木綿花緒をすげた下駄です。

下駄は下駄でも、というところ。

柾目の通った下駄、というのは誰もが憧れる所だと思います。そもそも現在歯継の下駄であっても表面に柾の経木が張られているのはこの柾目の下駄に見せたいからに他なりません。

天に上から下までビシッと真っ直ぐ木目が通る事が最も価値があるとされます。中でも左右対称に木取された合目と呼ばれる下駄が良いとされています。

こちらはまさにその合目に取られた会津桐の柾下駄。

会津桐に合わせるように会津木綿の花緒で相性が悪いわけがないところ。柾らしく真っ直ぐなお見立てでした。

今日の一足・トップへ

合目柾大下方に会津木綿花緒 前壷
合目柾大下方に会津木綿花緒
合目柾大下方に会津木綿花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。