直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 2019年8月21日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足は直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒をすげた雪駄です。

通常雪駄というと裏革と畳表の間に草芯と呼ばれる表と同じ素材を巻き付けた芯材が2枚ほど入りますが、こちらは芯の入らない直付け。

自分が思うに、おそらくこの踵の芯材が突っ掛けて履く方にとっては邪魔そのもの、なのかもしれません。突っ掛けて履くと当然踵がちょっとやそっとではないレベルで出ますので、間に厚みがあるとそこが足に当たってきて返って邪魔になってしまいます。

だったら無くて良いよ~、俺はいらないから、というのがお客様の主張なのではないでしょうか。そこに確かに履きやすさも生まれますし、「突っ掛けて履くんだ」という主張が雪駄から見て受け取れます。

今日の一足・トップへ

直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒
直付け南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。