焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒 2019年7月26日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒

焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒

今日の一足は焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒をすげた下駄です。

会津桐の柾を焼き、さらに砥の粉を掛けて木目を引き立たせた下駄。

さすがは会津桐というところで、若女将に履かせたところ履き心地が良いらしくこればかり履いてます・・・やはり、それだけ木の質が違うのだと思います。

同じ桐でも質の違いで履き心地にも影響するところ。ゴムなど張らない二枚歯の下駄ですからなおさらだと思います。

黒ベースの花緒をお見立て頂き、全体的に渋めにまとめて頂きました。

今日の一足・トップへ

焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒 前壷
焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒
焼き砥の粉芳町に花菱柄内玉花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。