相千両に遠州綿紬花緒 2019年6月5日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

相千両に遠州綿紬花緒

相千両に遠州綿紬花緒

今日の一足は相千両に遠州綿紬花緒をすげた下駄です。

あまり下駄の経験は無いのでどんな形がいいのか、というところ。

調べてきていただいたのは舟形かのめりが良いのではないかということで、その特性の違いにまた悩むところだと思います。二枚歯やのめりは「歩く」という事に対して優れているのに対し、舟形や右近などは「立っている時」に楽に作られているように思います。

のめりはまさに歩行型。より前に倒しやすく蹴りやすくなるため、進む方向に力が向きやすいように思います。

シンプルな白地に黒の縞花緒を白木にお見立て頂いて。赤ツボアクセントの締まった下駄になりました。

今日の一足・トップへ

相千両に遠州綿紬花緒 前壷
相千両に遠州綿紬花緒
相千両に遠州綿紬花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。