夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒 2019年6月5日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒

夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足は夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒をすげた下駄です。

合目の柾を~と、会津桐の良い所。

合目というのは背中合わせにして木取をするため、左右対称に木目が入る作り方のこと。なによりその方が見た目が美しく仕上がりますし、左右対称に木のクセが出るというのも歯を斜めに減らさないという実用面でも優れています。

墨を加えた夏色で磨かれた柾の落ち着いた表情がなんとも柾らしい醍醐味です。

細身の印伝花緒をお見立て頂きました。「俺もそろそろ柾の下駄でも履かねえとな~」ということで、様になっていました。

今日の一足・トップへ

夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒
夏色合目柾大下方に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。