蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒 2019年2月23日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒

蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒

今日の一足は蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒をすげた下駄です。

特別なシーンに履く下駄という印象がある履物です。それと知らずともその雰囲気を感じるというのも凄い所と言いますか、豪華な履物であることは間違いのないところ。

蒔絵を施した台に畳表を付ける、というのは下駄の中でも至高の加工法だと思います。

どちらかといえば黒塗りの方が多い印象ですが、横の赤も目に付く仕上がり。華やかになるように思います。

花緒も豪華におめでたく。

色々な所で探してきたということでしたが、当店で目に留めて頂きありがたい限りでした。

今日の一足・トップへ

蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒 前壷
蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒
蒔絵付きぽっくりに帯地福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。