3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒 2019年2月17日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒

3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒

今日の一足は3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒をすげた草履です。

昨日ご紹介した紅白の草履もまさに「自分が主役」といった草履でしたが、こちらの畳表の草履もまた「自分が主役」級の草履だと思います。

通常2の5枚芯といって前2枚、後ろ5枚といった重ねが一般的ですが、それぞれ重ねの枚数を増やし前3枚、後ろ7枚で仕立てた草履になります。

目の積んだ畳表の草履というのはなんといってもフォーマルの頂点にもある草履で、特別誂えの高さのある畳表の草履はその中でも抜きんでた存在です。

帯地の花緒をお見立て頂きらしさ溢れるお見立て。ご希望で赤ツボに変更しアクセントをプラスしました。

今日の一足・トップへ

3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒 前壷
3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒
3の7枚芯南部表草履に帯地福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。