津軽塗相右近に真田紐福林花緒 2019年2月8日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

津軽塗相右近に真田紐福林花緒

津軽塗相右近に真田紐福林花緒

今日の一足は津軽塗相右近に真田紐福林花緒をすげた下駄です。

お持ちいただいた津軽塗の下駄に花緒をすげさせていただきました。

津軽塗の下駄というのは花緒をすげずに一種のお土産やご進物品として扱われていた時代もあったようで、穴も開いていないような状態でお持ちになる事が多いです。

なんでもそうかもしれませんが、昔のものほど手が細かく仕上がりも良いものが多いですね・・・津軽塗の研ぎ出しの技術は目を見張るものがあります。

珍しい緑地の唐塗に真田紐の花緒をお見立て頂きちょうどピッタリでした。

今日の一足・トップへ

津軽塗相右近に真田紐福林花緒 前壷
津軽塗相右近に真田紐福林花緒
津軽塗相右近に真田紐福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。