直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒 2019年2月1日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒

直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒

今日の一足は直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒をすげた雪駄です。

和装履物は脱いだ時に小さく見せる、というのが様子の良い履物。とされてきたところがあります。

履いている時よりもむしろ脱いで揃えられた時の見た目・・・なかなか理解するのも難しいところではありますが、そういったところに美しさを感じていたようです。

小さく見せるというのも、足の小さいのが自慢といったようなところもあったようですね。

こちらはまさしくそんな雪駄。7寸7分で幅狭に仕立てられた表で、細身の印伝花緒がすがって。

黄色の地色が映える印伝で烏表を相手に際立っています。

今日の一足・トップへ

直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒 前壷
直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒
直付け南部烏雪駄に小桜柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。