幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒 2018年12月27日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒

幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒

今日の一足・朝の部は幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒をすげた雪駄です。

幅狭・後一・七寸七分の雪駄~という声を頂戴致しまして、どこか久しぶりだなぁ、というような雰囲気になります。

通常よりも幅の狭い表、丈が短くこじんまりとした雪駄が脱いだ時の見た目を形良く致します。履いてる時のことなどはどうでもいいんです(そこまで言っちゃいけませんが・・・)

どうにも昔ながらのスタイルですとスッキリ見せる事に重点を置かれていたようで。あえて一回り小さいサイズにするというのは常套手段であったようですね。

黒地に黒の蜻蛉を飛ばしたシルク印伝の花緒に踵はベタガネをお共に。

今日の一足・トップへ

幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒 前壷
幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒
幅狭後一南部烏雪駄に蜻蛉柄シルク印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。