黒捌き相小町に会津木綿花緒 2018年12月11日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

黒捌き相小町に会津木綿花緒

黒捌き相小町に会津木綿花緒

今日の一足・昼の部は黒捌き相小町に会津木綿花緒をすげた下駄です。

二枚の歯のある下駄に対して、前の歯が斜めについているものをのめり(千両)と言いますが、さらに後ろ歯が台同様に丸くついた形を小町(後丸)と呼ばれています。

小町というのは昔ながらといいますか、「○○小町」などという美人が連想される呼称です。

確かに下駄として全体的に丸みを帯びているスタイルには可愛らしさを感じます。

カラシ色に赤ツボアクセントの会津木綿をお見立て頂き、より雰囲気が出た下駄になったと思います。

今日の一足・トップへ

黒捌き相小町に会津木綿花緒 前壷
黒捌き相小町に会津木綿花緒
黒捌き相小町に会津木綿花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。