直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒 2018年12月5日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒

直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒

今日の一足・朝の部は直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒をすげた雪駄です。

目の覚める雪駄です・・・

幅狭の表を直付けに仕立てた雪駄。通常草芯が2枚入る作り=後二が定番ではありますが、さらに通な方には後一と言って草芯を一枚にした仕立て方もあります。さらに低く、とこれが極限ですね・・・何も入れないという究極の形だと思います。

慣れない方にはむしろ履きにくい仕立て方だと思いますが、チョンと突っ掛けてお履きになる方にとっては、余分なものが無い分だけ足元が軽いと表現されるお客様もいらっしゃいます。

花緒はバッチリヘビらしいヘビ花緒がすがりまして存在感のある雪駄になりました。

今日の一足・トップへ

直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒 前壷
直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒
直付け南部烏表雪駄にニシキヘビ革花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。