消し鎌芳町に大島紬花緒 2018年11月7日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

消し鎌芳町に大島紬花緒

消し鎌芳町に大島紬花緒

今日の一足は消し鎌芳町に大島紬花緒をすげた下駄です。

鎌倉彫というと刀痕をつけるスタイルが一般的だと思いますが、通称消し鎌と呼ばれる研ぎ出しベースに柄を入れるパターンです。

柄に色が入ることで、よりクッキリと表れるようになり、むしろこの方が彫り感が強くなるような気さえしますね。

台に柄があると難しくなるのが花緒選びですが、上手くご決断頂きました。

なかなか経験のない二枚歯の下駄ということでしたが、この佇まい、どこから見ても上級者に見えますね。

今日の一足・トップへ

消し鎌芳町に大島紬花緒 前壷
消し鎌芳町に大島紬花緒
消し鎌芳町に大島紬花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。