直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 2018年8月26日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足は直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒をすげた雪駄です。

直付けが良い!とマニアックなご要望を頂きました。

踵に半月を2枚重ねた後二【あとに】と呼ばれる作りが標準的な作りですが、こちらはそのカサネを全て取り払った直付け。表と裏革のみ、という極シンプルな作り。

基本的には半月があった方が足の支えにもなるため履きやすいというのが定説ですが、突っ掛けてお履きになる方にとってはその半月すら不要、という声も。

軽さと足へのフィット感は一番の作りだと思います。

今日の一足・トップへ

直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒
直付南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。