相右近に博多織福林花緒 2018年8月7日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

相右近に博多織福林花緒

相右近に博多織福林花緒

今日の一足昼の部は相右近に博多織福林花緒をすげた下駄です。

白木の台に淡い藤色の独鈷が織り込まれた博多織の花緒。なんだかどこへでも行けそうな雰囲気のある下駄です。

右近の白木というのは何故か少し白っぽいのですが、これは砥の粉が白砥の粉を使うからだとか。白の砥の粉にほんの少し墨を混ぜるというどこか夏色のような具合に調合し白く磨き上げるそうです。

駒下駄や千両などとなぜ砥の粉から変える必要があるのか・・・これは勉強不足で次回のお楽しみというところ。

上品に、夏感もありつつお洒落な一足です。

今日の一足・トップへ

相右近に博多織福林花緒 前壷
相右近に博多織福林花緒
相右近に博多織福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。