幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 2018年7月23日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒

今日の一足朝の部は幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒をすげた雪駄です。

通常、雪駄には裏革と畳表の間に重ね芯を入れるものですが、こちらは直付け。

畳表と革以外の物は不要とばかりに、究極にシンプルな作りの雪駄です。

実用草履などでツボ下がりで直付け!などは格好アイテムとして親しまれていますが、なかなか雪駄で、となると極少数になります。

しかしながら、お客様曰く、「後一よりも軽いね」と最もなお言葉。その軽さにメリットがあるようです。

より前重心を意識するようになるかと思いますが、「履きやすいんだよね」という次元に達してこそ、粋というものではないでしょうか。

今日の一足・トップへ

幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 前壷
幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒
幅狭南部表雪駄に蜻蛉柄印伝花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。