夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒 2018年7月19日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒

夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒

今日の一足朝の部は夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒をすげた下駄です。

柾の夏色はないの~?と磨き指示を頂きまして。合目の柾を夏色磨きに。

台は別名後丸【あとまる】とも呼ばれる小町。下駄の中でもっとも木の量が多い台だと思います。

その分だけ、会津桐の柾をそのまま楽しめる、という背景もあるようです。

花緒がすがった状態では難しいですが、背中合わせにした時のピタッと合う様は圧巻。

本天裏の福林花緒をお見立て頂き、足当たりも良い品物です。

今日の一足・トップへ

夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒 前壷
夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒
夏色合目柾大小町に結城紬福林花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。