合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒 2018年7月17日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒

合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒

今日の一足朝の部は合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒をすげた下駄です。

柾を履いてみたい。という声を頂きます。

通常お普段履きの下駄に関しては歯が糊付けのいわゆる天一【てんいち】と呼ばれる作りで十分、という気がしますが、良い下駄というのは真っ直ぐに通る柾目が歯までしっかり通っているもの。

こういった下駄は狙って作るもので、偶然の産物ではありません。多くの無駄を出しながらその木の一番良い顔を出すように加工していきます。

履き心地は違うのか・・・とも言われますが、それは当然。という答えしかありません。それにちょっと紙面が足りなさそうです・・・

真角に細身の印伝。間違いのない、下駄かと思います。

今日の一足・トップへ

合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒 前壷
合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒
合目柾真角に菊菱柄印伝江戸褄花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。