焼き砥の粉芳町に正絹花緒 2018年7月12日―今日の一足―丸屋履物店

今日の一足

焼き砥の粉芳町にキモノ端切れ花緒

焼き砥の粉芳町にキモノ端切れ花緒

今日の一足昼の部は焼き砥の粉芳町にキモノ端切れ花緒をすげた下駄です。

春頃に新たなラインナップとして加わってきた会津桐の台。バラ柾を贅沢に焼き、より柾目を引き立たせるために改めて砥の粉を掛けて磨いたもの。

通常の焼きとは違い、木そのものの持つ個性が強く出るように思います。自然と惹かれて手に取って頂く場合が多いですね。

花緒は着物の端切れから仕立てたもの。表地は直接足に当たるわけではないですが、こういった所が正絹で柔らかい素材ですと、その柔らかさが最終的に足当たりに関係してくる気がします。

品よく、履きやすい下駄ではないでしょうか。

今日の一足・トップへ

焼き砥の粉芳町に正絹花緒 前壷
焼き砥の粉芳町に正絹花緒
焼き砥の粉芳町に正絹花緒 花緒

今日の一足とは

今日の一足とは、丸屋にてお求め頂いたお客様の履物を一足づつご紹介するコンテンツ。掲載ご希望の方はご購入時に店頭にてお声かけください。
※商品見本ではありませんので、「これと同じ物が欲しい」と言われても在庫に無い場合がございますのでご了承ください。